あなたに合った育毛剤の選びかたをわかりやすく説明します

薄毛や抜け毛が気になる人って、実は多いのですよね。40代を過ぎると男性はもちろん女性も育毛に興味を持つ人が増えるもの。20代から気にする人もいますよね。そんなとき、育毛ケアの手始めとして育毛剤の導入をおすすめします。最近では高い効き目をうたう高価な育毛剤や、薬事法に定められた医薬品の育毛剤なども薬局で気軽に手にいれられるようになってきました。しかし育毛剤と言っても、千差万別。そこでどんな育毛剤がおすすめなのか、悩みに合わせてレクチャーしましょう。まず、育毛剤選びは自分の髪の悩みをよく見極めることから始まります。配合成分によって効果の出方が違うからです。例えば薄毛家系の人は、ホルモンの影響が大きい可能性が高いタイプです。男性ホルモンが旺盛であるほど、薄毛が現れます。そのため、男性ホルモンを抑制する薬を選ぶことになるわけです。

育毛剤の種類を知って効果的な治療を

育毛剤には、大きく分けて4つのタイプに分けられます。1つ目は先ほど述べた通り、男性ホルモンを抑えるタイプのもの。2つ目はストレスや食生活の乱れ、運動不足などにより弱った頭皮の健康を保つため、毛細血管を開き血行を促進するもの。これは、喫煙習慣のある人やストレス環境にある人におススメです。3つ目は頭皮環境の悪化で弱った毛母細胞、つまり髪の赤ちゃんとなる細胞を健やかに育てるもの。そして4つ目は畑に水や肥料を上げるように細く弱い髪を太く健康な髪にするための栄養補給を行うもの。このタイプは食生活の乱れを自覚している人や睡眠不足の人に試してほしいものです。これらの成分を複数配合しているものもあれば、効果を1つに絞って高い確度で薄毛解消を狙うものもあります。よく比較して、正しく使いたいですね。

女性だって悩む薄毛…だったら育毛剤

男性以上に深刻なのが実は女性の薄毛です。男性の薄毛はあまり珍しくなく、薄毛の状態をそのままにしている人も多いものですが、女性は昔から髪が命と言われるほど豊かな毛髪がチャームポイントになり美容やファッションの大きなカギとなってきたこともあり人知れず悩んでいることも珍しくありません。最近では、女性向けの薄毛対策シャンプーや育毛剤がよく見かけられ、製品をCMで宣伝している企業も多くあります。それだけに女性向け育毛剤は一昔前から考えられないくらい多種多様かつ手軽になってきました。女性用も男性用と同じく育毛剤には医薬品、医薬部外品、化粧品に種別されます。医薬品は治療薬として薬事法で認められているもので、医薬部外品はそれに準ずるもの、さらに化粧品は作用が緩和ながら認められるとうたっているものである違いがあります。よく成分を比較し、予算や悩みに合わせて選びたいですね。